歴史・沿革

 本校の源流は、天保5年。旧一柳藩主末延公の時、当時国学者として名の高かった

野々口隆正を招いて、藤森弘庵が持講していた「伝習館」の教授として藩士の教育に

あたらせ、学問の隆興と士気の拡張をはかったことから始まりました。

  

明治 6年  旧小野藩小野を学区として、藩校帰生館を校舎に充て「雄野校」とする

明治20年  小野尋常小学校と改称

昭和12年  北播最初の鉄骨構架の講堂完成

昭和16年  国民学校令施行、小野国民学校と改称

昭和22年  学校教育法施行、高等科は中学校に分離し小野小学校と改称

昭和45年  プール完成

昭和47年  創立百周年記念事業として、講堂東と北の校庭に戸外教室建設

昭和49年  小野市立小野東小学校開設に伴い校区を変更する

昭和62年  新校舎完成

平成 元年  体育館完成

平成 4年  創立百二十周年記念事業として、運動場周辺に防球ネット設置

平成23年  空調設備完備、防犯カメラ設置